財務カリキュラム紹介

BBT大学トップ > 学部・学科 > カリキュラム紹介(財務分野)

カリキュラムの特徴

本学学長の大前研一は、「英語」・「IT」・「財務」をグローバル時代におけるビジネスパーソンの必須スキルであると提唱しています。いずれも世界共通言語としての機能を持つものであり、これらの修得はグローバル化の進むビジネス社会において不可避であると言っても過言ではありません。BBT大学の「ファイナンス カリキュラム」では、会計と財務を基礎から体系的・段階的に学びます。その特徴は、講義や教科書の内容を覚えるのではなく、実際に手を動かし、会社の数字のダイナミズムに触れながら実践的に学ぶことにあります。講義の中では経営者や財務担当者を招き、彼らに数字の動きを現場感覚でどう捉えているか等も伺っていきます。また、起業に特化した科目もあり、創業や事業の成長と拡大を支える財務計画についても学ぶことができます。

カリキュラムマップ

会計・財務の講義は、主に以下のような体系になっています。

※すべての会計・財務系科目が記載されている訳ではありません

カリキュラムマップ

受講後のゴールイメージ

受講後のゴールイメージ

会計用語を理解する力、会計・財務情報から会社の状態を理解する力、読み取った情報から問題を発見し解決策を立案する力、これらを身に付けることで、経営者や事業責任者として社内の会計・財務全般を理解できるようになります。また、専門科目において、会計情報を通じて事業を管理し、数字を使ってコミュニケーションをする力、事業の資金計画を立てる力を身に付けることで、会計・財務の知識を活かして即戦力となることが可能です。さらに、応用科目の履修によって、M&Aやクロスボーダーでのプロジェクトファイナンスなど、高度な知識を身に付けることも可能です。他方、起業家を志す場合、専門科目で創業時の資本政策と資金調達を立案する力を身に付けることで、起業の成功確率を高めることも可能です。

教員&ゼミ ピックアップ

ここでは、財務分野の担当をしている教員とその教員の卒業論文のゼミをピックアップして紹介します。ゼミでは、各自が希望する先生のゼミに所属し、各自が取り組みたいビジネスプラン、起業プラン、研究テーマなどに取り組むことができます。財務のプロフェッショナルである先生からも個別指導を受けることができますので、ほんの一例ですが、以下にその様子を紹介します。

考え抜き、実践することで本当の起業を目指す大原ゼミ

大原 達朗

大原 達朗

担当科目 会計入門
財務会計
管理会計
ファイナンス演習
プロフィール

経営学部 グローバル経営学科 専任准教授
アルテ監査法人代表社員
アルテパートナーズ株式会社代表取締役
一般財団法人日本M&Aアドバイザー協会代表理事
日本マニュファクチャリングサービス株式会社監査役

1973年東京都出身 1997年早稲田大学教育学部卒業 2007年3月 ビジネス・ブレークスルー大学大学院 経営学研究科 経営管理専攻修了。 1998年公認会計士試験2次試験合格、青山監査法人プライスウオーターハウスに入社し、大手一部上場企業を含む国内外の会計監査、IPO支援コンサルティング等を担当、顧客の価値向上のための業務を中心に行う。 監査法人をとりまく環境の変化により、顧客志向のサービスの提供が困難となったため、2004年大原公認会計士事務所を開業独立。 その後、アルテパートナーズ株式会社、アルテ監査法人、日本M&Aアドバイザー協会を設立し、代表に就任。 経営学部では、「会計入門」「財務会計」「管理会計」「ファイナンス演習」を担当。 著書:「この1冊でわかる! M&A実務のプロセスとポイント」〔中央経済社〕、2014年「決算効率化を実現する 会計監査対応の実務」中央経済社2014年、「決算書のチェックポイント」税務経理協会 2004年 …もっと読む

半年に1回、現役生の卒業時に彼らの卒研のプレゼンをOBOGで聞き、親睦を深める懇親会を激しく開催しています。OBOGの2名はBondへ、1名は大学院へ進学するなど、意欲満点のゼミ生、OBOGで構成されています。厳しくも優しいLA3名とともに厳しくやっていきます。卒研程度で苦しんでいては、「死なない」ビジネスは実行できません。
大原ゼミで評価する卒研は、考えて、実際に試してみることです。考え抜いたらやってみる。それが大原ゼミのモットーです。

LA(ラーニングアドバイザー)

井上 俊宏LA

井上 俊宏LA

プロフィール

2007年3月にBBT大学院を卒業後、同年10月に株式会社リビングスタイルを設立、営業、マーケティング、事業開発を中心に経営全般を担当しています。 …もっと読む

起業の事業プランとは、やりたいこと関係者に理解してもらい、協力してもらうことが重要です。このため、まずは、事業背景から始まり、製品/サービス内容、ビジネスモデル、財務計画と言った全体をストーリーとして 理解をしてもらうことが必要です。その中から、不足している部分、修正が必要な部分を改定することで、仲間を増やし成功確率を上げるようなプランの作り方で指導をしています。

横山 真也LA

横山 真也LA

プロフィール

2010年プロジェクトマネジメント会社を設立。2012年シンガポール法人設立後はアセアン諸国でハンズオンのプロジェクトマネジメント事業を展開、近年はハラール・イスラムビジネスに注力しています。 …もっと読む

大原ゼミは本気で起業しようとしている学生ばかりですので、「覚悟の作り方」を指導しています。事業の構想、立案、計画までが卒業研究の対象ですが、その後の実行をサポートする指導を心がけています。

ゼミ生ピックアップ

大原 達朗先生 大原 達朗先生

ゼミで事業計画を作るのに、非常に苦労していました。ガーデニングキットを売りたい、というテーマだったのですが、どう考えても、採算性が見えてこない。これは厳しいな、と感じているところだったのですが、人とのきっかけで、転職するかもしれない、その会社であればこのビジネスを活かせるかもしれない、ということになり、一気に事業計画が現実的なものになりました。
ビジネスとは1人でするわけではなく、人と人との関係が大切なことを改めて感じさせてくれたゼミ生でした。彼は現在、フィリピンで農場経営に携わっています。

X

大原先生のことは、ゼミに入る前から知っており、卒論では指導も非常に丁寧にやっていただきました。井上LAや横山LAも若く現役で活躍されている経営者として良い目標になりました。卒論に関しては食品廃棄物を土壌として再利用した栽培キットを作成しました。大変だったのは積み上げていったビジネスプランが最終的にこのままでは成り立たないということが判明した時です。ここまで来て1からやり直すことはできないので、大きく方向転換をすることになりました。最終的に形にできて、一から事業の計画を立てる経験が非常に勉強になりました。海外在住のためにゼミ会などにはなかなか参加できないのですがゼミの皆様とは今後も交流できればと思います。

辻本 涼太さん 辻本 涼太さん
大原 達朗先生 大原 達朗先生

彼は卒論の初回指導の際に、ほぼプレゼン資料ができあがっていたので、とても印象に残っています。体裁はほぼ完璧でした。しかし、中身がまだまだ薄い。問題は、調べているだけで実際にやっていなかったのです。実際にやるには、小さく始めてみることも有効ですし、徹底的にインタビューをすることも、アンケートをとることも大切です。
インタビューもアンケートも実際には何を聞くかが重要で、そのためにはやってみちゃう、ということが大切なんだ、ということを彼に伝えました。その後、頑張り、立派な卒研としてまとまりましたが、まだまだやることがあると思ったのでしょう、彼はBBT大学卒業後、BBT大学院に進学し、頑張っています。

X

大原ゼミでは机上の空論で終わらせない為、「なぜそうなるのか?」 これを説明できる、根拠のある数字で組み立てて「結果、こう予測ができる」ということを、ひとつひとつ自分自身で証明していく必要がありますので、現実に沿った数字でなければ厳しい指導が入ります。
それにより自分の頭でとことん考え抜き、修正して精度を上げていくことで数字の感覚が掴めてきます、それは今でも私にとって貴重な体験でした。
大原先生をはじめ、ご担当いただくLAはビジネスの第一線で活躍されている方々ですので、創りあげた卒論はただの卒論ではなく、実現可能なビジネスプランとなっていきます。
卒論を完成するためには今まで学習してきた講義内容を振り返り、自分の卒論にどう活かすか?これも重要な要素となってきますのでまさにBBTで学んだ集大成となります。
大原ゼミは本気で実現したいものがある生徒には後押しできるものが得られるはずです。

中村 知倫さん 中村 知倫さん